ニウスな毎日

毎日流れるニュースを元に、背景を読み解いたり感想を述べたりします!

IVH

漢方薬の飲み方

ブログネタ
健康なくらし に参加中!
漢方薬の飲み方、しっかり用法を守って服用しましょう。


正しい飲み方でなければせっかくの効果を薄めてしまいかねません。
正しい用法として、1日に決められた回数と量をお水か白湯で飲みましょう。
また空腹時の方が吸収率も高いとされ、この時に飲むのが一般的なようです。
胃腸の弱い方や補剤を飲む場合にはぬるま湯などに煎じて飲むと負担が少なく吸収もよいとのことです。
今やツムラやカネボウ(現クラシエ)の漢方薬は有名ですね。
その種類、効果・効能は幅広いらしく、にきびや吹き出物、肩こりなどの軽いものから生理痛・腰痛・便秘など女性特有のもの、更年期障害・自律神経失調症などの加齢とともに患う病気まで、多くの障害から体を守り、治療に一「薬」買っているようです。

癌に対する免疫力の向上を手助けする効果が期待できると聞いたことがありますし、果てはダイエット効果のある漢方薬もあるそうです。
私たちが知らないだけで、聞いたことのあるほとんどの病気・障害に効く漢方があるのかもしれませんね。
ですがいくら漢方薬とはいえ、薬です。
こういったものを服用するときは必ず専門店(漢方薬局など)のお店の人、病院の先生、薬剤師の方などにしっかり症状を伝え、効果・用法をしっかりと覚えて服用しましょう。
せっかくの効き目の期待できる薬でも、症状や体質に合わないものであればなんの役にも立たないでしょうし、なにより副作用などが出る可能性がナイとは言えません。
しっかりと病気や障害を予防・治療するため、漢方薬の飲み方には注意しましょう。
看護学校の夜間
自閉症の特徴
漢方薬の飲み方
カネボウの漢方薬
在宅IVH

プルーンで便秘対策★

ブログネタ
健康なくらし に参加中!
プルーンは、便秘の解消や改善におすすめなのを知っていますか?
解消法には、便秘薬や漢方、ツボやマッサージ、体操などさまざまな方法がありますが、プルーンですと赤ちゃんや子供、また妊娠中にも気軽に摂ることができ安心ですね。

プルーンには、鉄分、食物繊維、葉酸などとといった栄養が自然のままバランスよく含まれており、効能として便秘の解消だけでなく生活習慣病や骨粗しょう症などといった病気への予防効果が期待できると聞いたことがあります。
また脂肪分やコレステロールがほとんど含まれてないそうで、カロリーが気になるダイエット中の方も安心して召し上がれますね♪
国内ではまだ栽培が少ない生プルーンは、弾力のある歯ごたえが美味しいですよ^^
ジャムやジュースといった食べ方のレシピもありますので、参考にしてみてはいかがでしょうか☆
便秘が男性より女性の方が圧倒的に多い理由は、体のしくみ以外にも女性ホルモンや生活環境に関係があるそうです。
無理なダイエット、排便を我慢する、食事(特に朝食)を摂らない、ストレスや睡眠不足などには気をつけていきたいものですね。
生理前や妊娠中に便秘になりやすいのは、女性ホルモンが関係しているそうです。
また他の病気が原因で便秘になることもあるそうで、この場合、いくら自分で便秘解消法を試してもなかなか改善がみられないようです。
おかしいな?と思ったら病院へ受診されることをおすすめします。

気軽に摂れるプルーンで、便秘を解消させましょうねっ☆
自閉症の特徴
腸内洗浄は福岡市
プルーンで便秘対策
在宅IVH
皮膚科の名医

視力回復の体操

ブログネタ
健康と医療 に参加中!
視力回復の体操をご存知ですか?


近視の人は肩こりや眼精疲労、コンタクトが合わない等で悩んでいると思いますが、教室や自宅でトレーニングをするだけで視力をある程度回復させる事ができるそうです。
体操と言っても様々で、毎日続けられる体操を見つける事が肝心です。眼科でも教えてくれる様な簡単な方法だと、眼球運動というものがあり、目の準備体操と考えて下さい。
上下左右に眼球を動かし、ストレッチをして眼筋をほぐす体操です。
ネットで画像や動画を観る事ができるので一緒に行うと覚えやすいと思います。

次にまばたき運動とウインク視力回復法というものが有ります。
瞬きやウインクをして眼筋を鍛えるというものです。パソコンや本を長時間凝視していると、眼精疲労の原因となります。
眼球運動と組み合わせて行うと効果的と言われています。
視力回復の体操
アトピーで入院
在宅IVHとは
便秘はプルーンで
脳梗塞の専門医

在宅IVHとは。

ブログネタ
健康と医療 に参加中!
在宅IVHとは、自宅で高カロリー輸液を受ける事を言い、在宅中心静脈栄養療法の略語です(補足:本来IVHとは医療機関で行う「中心静脈栄養療法」の事をさし、自宅で行う「在宅中心静脈栄養療法」はHPNと呼ぶ事が正しいようですが、一般的に在宅IVHという言葉の方が浸透しているようです)。

在宅IVHの目的は栄養補給にあり、点滴の目的(水分と電解質補給)とは違う為、手技や管理等、何点か違う点があります。
まず、差込の部位と深さです。通常の点滴は腕や手首から細い静脈に管を差し込みますが、IVHでは主に右側の鎖骨から刺し、カテーテルによって心臓へ直接栄養を注入します。
これは何故かと言うと、IVHの栄養剤は非常に濃度が高いので、細い静脈だと血管が炎症を起こしてしまう可能性があるため、その濃度を薄める為に大量の血液が必要となるからだそうです(だから血液を送り出す場所→つまり心臓部分に直接投入するわけなのですね)。

在宅IVHについて
ドラクエの楽譜
ユニクロの靴
自閉症の特徴
妊娠中のカフェイン