ニウスな毎日

毎日流れるニュースを元に、背景を読み解いたり感想を述べたりします!

色素沈着

皮膚科の口コミ

ブログネタ
肌トラブル(にきび・ニキビ痕・赤ら顔) に参加中!
皮膚科の口コミで話題の病院を調べてみました。


どんな症状が専門分野かと言う事や、病院や先生の雰囲気なども交えて説明していきたいと思います。
まず忙しくてなかなか予約が出来ないと言う人におすすめなのが「梅田皮膚科クリニック」です。
こちらは兵庫県にある皮膚科で、いつも混み合う人気の病院ですが、携帯やパソコンから予約が出来るので、忙しい人でも簡単に予約を取る事が出来るそうなのです。
また、女医さんがいるので、女性の患者さんでも安心ですね。
皮膚科の他に形成外科や美容外科も取り扱っており、ピアスを空けに来る女子高生や、脱毛後のアフターケアに来る主婦等、患者の年齢層も幅広いようです。

他に口コミで話題の病院と言うと、福岡の「石田皮膚科クリニック」が挙げられます。
こちらの病院に通う患者さんはアトピーで通院している方が多いようで、いつも2時間ほど待つくらい混み合うようです。
患者さんとの話し合いによって治療の方法を決めたり、患部をみて症状の原因が分かったりと、皮膚科の口コミでも評判の病院のようです。
皮膚科の名医
FX情報商材レビュー
アトピーの色素沈着
蒲田のランチ

むくみの原因とは

ブログネタ
健康と医療 に参加中!
むくみの原因は一過性のものと違い病気の場合も多いので、「たかがむくみ」と甘く見ないほうがいいです。

よくあるのは肝臓や腎臓の疾患、リンパ浮腫、甲状腺の機能低下、がんなどが挙げられ、女性においては生理前・妊娠中・妊娠後期などによく見られる症状のようです。
目安としては、体重増加を伴ったむくみが内臓疾患を要因とする場合が多いようですね。
特に腎臓疾患が原因ですと代謝が悪くなり尿の回数が減る→体重が増えます。
足のすねを指で押してみてへこむようであれば疑ってみていいと思います。
その場合はまず専門医に診てもらうことをおすすめします。
もし内臓疾患と診断されなくても、病院でもむくみを取る漢方を処方してくれたりします。
まだ病院に行くほどじゃない症状と思うのでしたら、お茶などで排尿を促し、サプリや漢方薬で症状に対策し、改善しないか様子を見ながら悪化防止を期待しましょう。
妊娠中のコーヒー
手足のむくみ
アトピーの色素沈着
アトピーで入院
にきびの位置

脳梗塞の初期症状

ブログネタ
健康と医療 に参加中!
脳梗塞の初期症状には、いったいどのようなものがあるのか調べてみました。


1.顔が麻痺する。これはどちらか片方の顔の動きが鈍くなったりする症状です。2.言葉の異常。
  言葉がうまく話せなくなったり、思っている言葉が思い出せなくなったりする症状。
3.手の運動の異常。腕が上がらなくなったり、指先がうまく使えなくなったりする症状。
などがあるようですが、いずれの症状もごく軽い場合は脳梗塞の疑いがあると気づかない場合が多いそうです。
脳梗塞の検査は、MRIなどで脳の断面図を撮影したり、MRAで脳の血管をチェックしたりして脳血栓などがないか調べたりします。
検査をすることで隠れた症状を発見することができる場合が多いので、普段高血圧や糖尿病などで心配のある方は、何の前触れがなくても一度受診しておくのも安心だと思います。
アトピーで入院
アトピーの色素沈着
卵巣嚢腫の症状
脳梗塞の専門医

アトピーの治療・色素沈着・入院

アトピーの治療で効果的な治療法は?
普段使う化粧品や石鹸はどういうのを使えば良いの?
気になる点を調べてみました。

アトピーの治療法としてよく実践されているのが食事療法ですね。
これは食べ物の量を減らしたり制限したりして、体内にアレルギー反応を起こす物質を取り込まないようにする治療法です。
断食療法と言うのも食事療法の一種ですね。
温泉療法や漢方にサプリメントというのもよく聞きますが、根治に効果があるかと言うと、医学的根拠も無いので証明するのは難しいそうです。
そんなアトピー治療ですが、今効果があると見直されているのが体質改善療法です。
要は体の中(組織そのもの)を健康にするという事ですね。

それ以外にアトピー患者(赤ちゃんから大人まで)が日常生活で心がけるのは皮膚の清潔さを保つ事です。
お父さんの悩み事
アトピーの色素沈着
アトピーで入院
にきびの位置
便秘はプルーンで

新生児のにきび

ブログネタ
健康と医療 に参加中!
新生児のにきび(ニキビ)をヒドくさせない為に、自己判断で市販の薬を使うのは避けたほうが良さそうです。


赤ちゃんによってにきびの出来る場所やひどさなど個人差があると思いますが、病気ではありません。
治療やケア・スキンケアの方法をきちんと把握し、新生児の皮膚を常に清潔にしておくことがにきびを治す近道と言えそうです。

主にあごやおでこ・目の下などに白にきびや赤いにきび(発疹・吹き出物)が生後2、3ヶ月間出来やすいそうです。
顔の肌以外にも、新生児は皮脂の量が多く頭皮にもにきびが出来る場合もあるので注意が必要です。

また脂漏性湿疹やアトピー性皮膚炎といった、にきびと区別しにくい症状になってしまう場合もあるそうです。
これらはにきびが悪化してしまった可能性があるそうなので、少しでもおかしいと感じたらすぐに皮膚科に行きましょう。
男性の腸内洗浄
福岡市で腸内洗浄
新生児のにきび
こめかみのにきび
アトピーで色素沈着