ニウスな毎日

毎日流れるニュースを元に、背景を読み解いたり感想を述べたりします!

日光

松山観光港フェリー

ブログネタ
国内旅行お役立ちサイト に参加中!
松山観光港といえばフェリー。

普通のフェリーでしたら・ 松山〜広島 大人(片道)2,900円、小人(片道)1,450円 ・ 松山〜呉 大人(片道)2,150円、小人(片道)1,080円 ・ 広島〜呉 大人(片道)750円、小人(片道)380円 で行けます。
さらに早いスーパージェットだと片道6300円。
往復割引適用で、11970円です。スーパーシートは、500円プラス。フェリーは、片道2900円。
往復5510円です。
予約や時刻表は瀬戸内海汽船株式会社・石崎汽船株式会社へ。
松山観光港からの移動は、青と白のツートンカラーと船のイラストが目印の豪華なリムジンバスで。
松山観光港から松山市駅を経由し、道後温泉駅前までを結びます。
料金は150円〜600円です。

宜しかったら参考にしてみてくださいね^^
松山観光港
屋久島でシュノーケリング
ユニクロの靴
日光日帰り温泉
台湾オプショナルツアー

日帰り温泉巡り〜

ブログネタ
国内旅行 に参加中!
日光の日帰り温泉で気軽に観光旅行を楽しみましょう!


日帰り温泉するには厳しい関西と違って、関東には千葉・群馬・箱根・神奈川・熱海・伊豆・箱根と、東京から日帰りで行ける名湯が多くあります。
中でも栃木の日光は、昔から名湯として知られ親しまれてきました。
日光東照宮直営のホテルや日光江戸村などが魅力的ですよね。温泉や旅館、グルメも楽しめます。
貸切で温泉を楽しむ事もできます。
観光協会が企画する奥日光の紅葉や世界遺産を散策するツアーもあります。
交通アクセスも東武日光線の日光駅からバスで行ける場所も多いので地図が無くてもなんとかなります^^
東部バスは男体山登拝祭のための臨時便を運行してくれたりもするようです。
源泉は大江戸温泉や湯元温泉、中禅寺湖で堪能できますね。
日光市では日帰りで入浴できる宿も沢山ありますので時間の無い方でも観光地を満喫できそうですね。
バスツアーを利用して日光猿軍団などの観光スポットを楽しむのもオススメです。

食事もゆば(土産にも出来ます)や和牛を味わえる所もあるのでランチで楽しんだ後は温泉でゆったりしたり・・・。
また、休暇村や日光霧降(霧降高原)や牧場など、アウトドアレジャーを楽しめる所もあります。
時間の取れる方は日光湯元や戦場ヶ原などにキャンプ場もありますのでレンタカーを借りて家族で楽しむ事ができます。
これなら帰りのドライブも快適ですよね。
色々な楽しみ方がある日光ですので日本を代表する温泉郷といっても過言ではないです。
観光バスや高速バスもいろいろな地方から運行しているようですので、これらを上手に利用して宿泊をしないで済む旅行も多いようです。
日光の日帰り温泉を楽しんでみてはいかがでしょうか?
松山観光港
羽田空港の土産
日光のお土産
日光の日帰り温泉
新潟県の日帰り温泉

★屋久島の宿☆

ブログネタ
★★★日本全国を旅行しませんか?格安で!★★★ に参加中!
屋久島の宿探しも、旅行を楽しむ上では外せません。


観光客の多い屋久島では、民宿やホテルも自分のスタイルに合ったものを探せます。
「とにかく安く」行くならドミトリーや安宿。
安いCD一枚くらいの、ビックリ価格で泊まれます。
おいしいごはんが食べたい、海辺がいい、温泉につかりたい、大自然のなかがいい、リゾートホテルがいい、などなど。
かなりわがままに、好きな宿を探すことができます。
屋久島のきれいな海は言うまでもなく、ここは面積の20%以上が世界遺産に指定されているほどの、自然の宝庫です。

その大自然のなかを歩くエコツアーというのも、人気があります。
原生林や野生動物をみたり、普段の暮らしではけっして体験できないツアーです。
ペンションや民宿などでも、このツアーに申し込むことができるので、便利です。
エコが注目されている今、実際に大自然を体験することで、意識も変わるかもしれません。
屋久島観光旅行で重要な、屋久島の宿選びの参考になれば幸いです^^
松山観光港
日光のお土産
日光の日帰り温泉
屋久島でシュノーケリング
台湾オプショナルツアー

☆日光の日帰り温泉☆

ブログネタ
温泉に行こう に参加中!
日光の日帰り温泉で気軽に観光旅行を楽しみましょう!


日帰り温泉するには厳しい関西と違って、関東には千葉・群馬・箱根・神奈川・熱海・伊豆・箱根と、東京から日帰りで行ける名湯が多くあります。
中でも栃木の日光は、昔から名湯として知られ親しまれてきました。
日光東照宮直営のホテルや日光江戸村などが魅力的ですよね。

温泉や旅館、グルメも楽しめます。
貸切で温泉を楽しむ事もできます。
観光協会が企画する奥日光の紅葉や世界遺産を散策するツアーもあります。
交通アクセスも東武日光線の日光駅からバスで行ける場所も多いので地図が無くてもなんとかなります^^
東部バスは男体山登拝祭のための臨時便を運行してくれたりもするようです。
源泉は大江戸温泉や湯元温泉、中禅寺湖で堪能できますね。
日光市では日帰りで入浴できる宿も沢山ありますので時間の無い方でも観光地を満喫できそうですね。
バスツアーを利用して日光猿軍団などの観光スポットを楽しむのもオススメです。
食事もゆば(土産にも出来ます)や和牛を味わえる所もあるのでランチで楽しんだ後は温泉でゆったりしたり・・・。
また、休暇村や日光霧降(霧降高原)や牧場など、アウトドアレジャーを楽しめる所もあります。
時間の取れる方は日光湯元や戦場ヶ原などにキャンプ場もありますのでレンタカーを借りて家族で楽しむ事ができます。
これなら帰りのドライブも快適ですよね。
宮城日帰り温泉
日光日帰り温泉
日光のお土産
鎌倉のお土産

日光へ行こう!

ブログネタ
旅行あれこれ に参加中!
日光のお土産としてまず挙がるのは、間違いなく「ゆば」でしょう。

京都の「湯葉」は黄色味が強くちょっと厚くてもっちりした食感なのですが、日光の「湯波」はもっと白く、薄いのに瑞々しくて上品な感じです。
有名なのは「ふじや」と「海老屋」(ほぼ真向かい)で、クリーミーで、口溶けのいい風味が味わえます。
次の日光土産のベストセラーは、菓匠虎彦「きぬの清流」です。
公式人気ランキングは、,ぬの清流茶の香り△ぬの清流大納言山里のブルーベリーで、北海道産小豆『鹿の子』の柔らかな甘みと『お茶』のほろ苦い風味が調和した上品な味わいです。
和風クッキーの様な柔らかさと、小倉餡がいい感じです。
日光のお土産
日光日帰り温泉
高速バス 水戸
那須日帰り温泉
大江戸温泉に宿泊