ニウスな毎日

毎日流れるニュースを元に、背景を読み解いたり感想を述べたりします!

新潟

松山観光フェリー☆

ブログネタ
国内旅行 に参加中!
松山観光港といえばフェリー。


普通のフェリーでしたら・ 松山〜広島 大人(片道)2,900円、小人(片道)1,450円 ・ 松山〜呉 大人(片道)2,150円、小人(片道)1,080円 ・ 広島〜呉 大人(片道)750円、小人(片道)380円 で行けます。
さらに早いスーパージェットだと片道6300円。
往復割引適用で、11970円です。
スーパーシートは、500円プラス。
フェリーは、片道2900円。往復5510円です。

予約や時刻表は瀬戸内海汽船株式会社・石崎汽船株式会社へ。
松山観光港からの移動は、青と白のツートンカラーと船のイラストが目印の豪華なリムジンバスで。
松山観光港から松山市駅を経由し、道後温泉駅前までを結びます。料金は150円〜600円です。
松山観光港
羽田空港の土産
日光のお土産
日光の日帰り温泉
新潟県の日帰り温泉

新潟日帰り温泉!

ブログネタ
日帰り旅行 に参加中!
新潟県で日帰り温泉を楽しみたい!
いやいや、貸切露天風呂でゆっくりくつろぎたい…。
新潟はそのどちらも叶っちゃうんです!

実は新潟県は温泉地の数が日本でもトップクラスで、歴史ある秘湯・名湯はもちろんのこと、観光やレジャーの途中に気軽に立ち寄れる日帰り温泉も充実しています。
家族風呂や混浴でワイワイ楽しむも良し、あなただけの貸切風呂で極上の時間を堪能するも良し!
温泉だけじゃなく、観光地としても見どころの多い新潟を、地図を片手に散策するのも良いですね♪
温泉地や宿泊場所に迷ったら、「じゃらん」等の旅行雑誌を参考にしてみるのもオススメです。
ネット版の「じゃらんnet」なら、口コミをその場で見れるうえ、人気の宿や温泉、お出かけスポットまで分かるスグレモノ!旅行前には是非とも利用したいところですね。
新潟の日帰り温泉
羽田空港の土産
鎌倉のお土産
松山観光港
大江戸温泉に宿泊

日帰り温泉行くなら〜

ブログネタ
国内旅行 に参加中!
日光の日帰り温泉で気軽に観光旅行を楽しみましょう!


日帰り温泉するには厳しい関西と違って、関東には千葉・群馬・箱根・神奈川・熱海・伊豆・箱根と、東京から日帰りで行ける名湯が多くあります。
中でも栃木の日光は、昔から名湯として知られ親しまれてきました。日光東照宮直営のホテルや日光江戸村などが魅力的ですよね。

温泉や旅館、グルメも楽しめます。貸切で温泉を楽しむ事もできます。
観光協会が企画する奥日光の紅葉や世界遺産を散策するツアーもあります。

交通アクセスも東武日光線の日光駅からバスで行ける場所も多いので地図が無くてもなんとかなりますね^^
東部バスは男体山登拝祭のための臨時便を運行してくれたりもするようです。


ぜひ日光で日帰り(に限らず)楽しい温泉旅行を〜(o^∇^o)ノ
松山観光港
日光のお土産
新潟日帰り温泉
熱海日帰り温泉
日光日帰り温泉

ねぶた?ねぷた?

ブログネタ
日々の暮らし に参加中!
青森は「青森ねぶた」と「弘前ねぷた」だけでなく
40弱のねぶた・ねぷた祭りがあるんだって。

津軽地方の各地で開催されているとか。

青森ねぶたは、人形の型をした題材を台車に乗せ曳いたり、回したり、上下に動かしたりして、

弘前ねぷたは扇型が主流で、、裏の見送り絵には美人画が描かれおり、ねぷたを曳っぱて歩くものらしいですよ。
弘前ねぷたは出陣ねぷたとも呼ばれているそうでう。

ねぶたとねぷたがあることは知ってたけど、
40弱もあったなんて・・・( ゜_゜;)
なんか「ネプタネプタ」言ってる内によく分かんなくなってきた(T▽T)アハハ!


盛大で有名な祭りですよね〜ヾ(@°▽°@)ノ
那須の温泉行きたい
湯河原温泉行きたい
新潟の温泉行きたい
オール電化やってみたい
チャイルドシートも選びたお