ニウスな毎日

毎日流れるニュースを元に、背景を読み解いたり感想を述べたりします!

工事費

オール電化のデメリット

ブログネタ
おすすめ商品 に参加中!
オール電化のデメリットに関してです。

エコキュートのデメリットは、
ガスの給湯器よりも価格が2〜3倍高く、
また、設置場所が必要になるということです。

エアコンの室外機程の大きさの物とお湯を溜めておくタンクの
2種類を設置しなくてはいけませんが
最近は薄型などもあるようなので、少しハードルが下がりましたね。

夜間電気代が安くなるのがオール電化のメリットですが、
逆に昼間電気代が高くなってしまうのがオール電化のデメリットです。


オール電化の工事費
jtbのビジネスパック
関電のオール電化
セブンイレブンの宅配サービス
109のネットショッピング

エコキュ−トの工事費

エコキュートの補助金制度を利用すると、工事費の負担が少し減りますよ!


エコキュートやオール電化の使用を検討している人の中には、太陽光発電の施工を検討している人もいるんじゃないでしょうか?
実は太陽光発電も補助金申請出来るそうで、エコキュート&オール電化と上手く組み合わせると、更に電気代節約出来そうですよね^^。
因みにエコキュートは東京電力・中国電力・九州電力など各電力会社などが呼んでいる愛称だそうで、関西電力の登録商標だそうです。
誰でも知ってる会社ですから、信頼性がありますね。
さてエコキュート導入補助金についてですが、リースを含め業務用・家庭用どちらも申請することが出来ます。
設置後や中古品の購入では受理されないので注意してください。
業務用エコキュートは加熱の違いで補助の金額が異なります。
1番少ない5kWで1台81,000円、1番多い60kWで1台870,000円と8段階あります。
家庭用は1台42,000円だそうです。
エコキュートの補助金は募集期間が決まっているので注意しましょう。
マキアージュの値段
パワーポイントの背景
エコキュートの工事費
防犯ポスター

オール電化とエコキュート・工事費

ブログネタ
色々な節約方法 に参加中!
オール電化の工事費は正直どの会社に頼むかによって大きく変わってきます。


オール電化の機器は価格が高いなどのデメリットがありますが、電気代が夜間とても安くなったり、エコキュート(電気温水器)を使うと補助金が出たり(但し期間や募集人数が決まっています)と嬉しいメリットも多いのでこれから新築やリフォームなどでオール電化にしようか悩んでいる人も多いと思います。

オール電化について詳しく知りたい人は東京電力や関西電力など、電力会社のサイトをご覧になると解りやすいと思いますよ。
またオール電化を体験出来る施設を紹介していたり、光熱費がどの位お得になるかシュミレーションも出来ます。
最初に言いましたがオール電化の工事費はどの会社に頼むかによって大きく異なります。
エコキュートとIHクッキングヒーターの取付工事(エコキュート代+IHクッキングヒーター代+取付工事費等と考えてください)を行った場合を例にしますが・・・つづき↓

オール電化 工事費
エコキュートの工事費
フランス 食べ物
防犯ポスター
お父さんの愚痴