ニウスな毎日

毎日流れるニュースを元に、背景を読み解いたり感想を述べたりします!

妊娠中

自閉症の特徴

ブログネタ
気になるニュース8 に参加中!
自閉症の特徴についても調べてみました。
「高機能自閉症」は人と上手くコミュニケーションがとれないといった特徴が
あるみたいです。
人が表情や視線・身振り手振りの動作で意図を伝えようとしても
上手く伝わりませんし、逆に自閉症の方も伝えることが出来ないそうです。
ゲームやおもちゃなどの知識的な感情にも強い関心があるのが特徴的です。

「低機能自閉症」は乗り物への強い関心や数字など
特定のものに対する記憶力が高いなどといった特徴があるそうです

夜間頻尿・女性
妊娠中のコーヒー
妊娠中のカフェイン
自閉症の原因
脳梗塞の専門病院
介護保険のモニタリング
高齢者雇用の助成金
自閉症・乳児
自閉症・2歳
脳梗塞の治療法

むくみの原因とは

ブログネタ
健康と医療 に参加中!
むくみの原因は一過性のものと違い病気の場合も多いので、「たかがむくみ」と甘く見ないほうがいいです。

よくあるのは肝臓や腎臓の疾患、リンパ浮腫、甲状腺の機能低下、がんなどが挙げられ、女性においては生理前・妊娠中・妊娠後期などによく見られる症状のようです。
目安としては、体重増加を伴ったむくみが内臓疾患を要因とする場合が多いようですね。
特に腎臓疾患が原因ですと代謝が悪くなり尿の回数が減る→体重が増えます。
足のすねを指で押してみてへこむようであれば疑ってみていいと思います。
その場合はまず専門医に診てもらうことをおすすめします。
もし内臓疾患と診断されなくても、病院でもむくみを取る漢方を処方してくれたりします。
まだ病院に行くほどじゃない症状と思うのでしたら、お茶などで排尿を促し、サプリや漢方薬で症状に対策し、改善しないか様子を見ながら悪化防止を期待しましょう。
妊娠中のコーヒー
手足のむくみ
アトピーの色素沈着
アトピーで入院
にきびの位置

皮膚科の名医

皮膚科の名医がいると言われている病院は、大阪だと「大阪府立羽曳野病院の皮膚科」、横浜(と言うか神奈川)だと「東海大学医学部付属病院の皮膚科」、新宿なら「東京女子医科大学病院の皮膚科」が挙げられます。

特に大阪府立羽曳野病院の皮膚科では、アトピー性皮膚炎や接触皮膚炎が専門分野らしいので、困っている方は一度診察を受けてみるのも良いかもしれません。

前述以外の地域で、口コミ評判も良い皮膚科があるところと言えば、名古屋の「社会保険中京病院」が挙げられますね。
中京病院は皮膚科としてかなり実績のある病院らしく、その診療内容は多岐に渡ります。詳しくは↓
皮膚科の名医
妊娠中のカフェイン摂取
自閉症の特徴
新生児の便秘
幼児の便秘

妊娠中の食べ物には注意!

ブログネタ
健康と医療 に参加中!
妊娠中は食べ物にも注意が必要です。


妊娠中は体の免疫が低下しているので生肉や生魚等、食中毒になりやすそうな食べ物には注意が必要です。
牛乳や卵も過剰摂取してしまうと赤ちゃんが牛乳アレルギーや卵アレルギーになってしまう場合があるので気を付けましょう。
それと妊娠中は脂っこい食べ物やファーストフードを食べたくなる人が多いみたいです。
もちろん食べても大丈夫なのですが、食べすぎは禁物ですよ。
妊娠中、食べ物は出来る限り旦那さんやご家族で食べられるようにして、食べすぎを注意してもらうと良いかもしれません★
個人的におすすめなのは和食系の食べ物です^^
妊娠中はむくみや便秘など気になる人も多いと思いますが、軽く運動・体操をしてみてください。
無理なダイエットは絶対しないでくださいね!
妊娠中はカフェイン摂取だけでなく、食べ物の過剰摂取にも気を付けて過ごしてみてください★
妊娠中 カフェイン
看護学校 夜間
理学療法士 夜間
腸内洗浄 福岡市
在宅IVH

妊娠中のマッサージ・カエフィン摂取

ブログネタ
妊娠中の様々な希望・不安・悩みについて に参加中!
妊娠中のマッサージ。
加減がわからずなんだかこわい・・・なんて思っていませんか?


むくみやダイエット(体重管理)、温泉や食事と気をつけなきゃならない事は沢山ですし、便秘や下痢・頭痛・腹痛・つわり…などなど挙げだしたらキリがないほど、妊娠中には辛いことがたくさんありますよね。

温泉旅行にだって行けるなら行きたいものですね。
マッサージの効果は、体の血行が体内の循環を改善し、新しい血液が栄養を運ぶため細胞が活性化されると言われています。
そのため自然治癒力が高まり、健康な体を維持することができます。
基本的にいつでも行って大丈夫なようですが、安定期に入るまでは産婦人科に相談してから行ったほうが安心できますね。

腰痛には、早流産な場合があるので、まずは産婦人科医にご相談することをおすすめします。
お腹が張ってきたり気分が優れなくなったらすぐやめる、出血があったらすぐ産婦人科に連絡するなどし、くれぐれも無理のない範囲で行いましょう。
妊娠中のマッサージ
妊娠中のコーヒー
自閉症の原因
手足のむくみ
新生児のにきび