ニウスな毎日

毎日流れるニュースを元に、背景を読み解いたり感想を述べたりします!

名古屋

葬式の電報

ブログネタ
冠婚葬祭などの礼儀基礎知識 に参加中!
葬式の電報(弔電・お悔やみ電報)は何らかの事情(例えば妊娠中で体調が優れない・遠方など)で、お葬式(通夜)に出席出来ない場合に送ります。


喪主・遺族の方は葬儀の準備などで忙しいため、お悔やみ(おくやみ)の電話は迷惑になってしまうかもしれません。
訃報を電話で知らされた場合は別ですが、やはり葬式に参列出来ない時は電報を送るようにしましょう。
香典を送る場合は不祝儀袋を現金書留の袋に入れて送るのがベターなので、お悔やみとお詫びの言葉を書いた手紙を同封しましょう。
香典の費用(相場)ですが3千円〜10万円位の間で、親交の深さなどを基準に決めるといいそうです。
また電報・香典を送るだけでなく後日弔問に伺わせてもらうのがマナーです。
喪主・遺族の方もお悔やみの電報をくれた方に礼状を送り、お礼の挨拶(あいさつ)をするのが礼儀ですよ。
葬式の電報はネットを使って、NTT西日本・NTT東日本の「D-MAIL」から申し込みすることが出来ます。
他に電話番号115のオペレーターと相談しながらや郵便局を利用してFAXでの申し込みも可能。
NTTのサイトでは電報の文例集が見れるので参考に出来ますよ。
文例・例文(文章例)ですが、【例:喪主の母の葬式の場合】葬式の電報では普段の呼び方ではなく「ご母堂様・お母様・お母上様」といった敬称を使います。
「ご母堂様のご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申しあげます。
在りし日のお姿を偲びつつ、ご冥福をお祈りいたします。」・「お母様のご訃報に接し、心から哀悼の意を捧げます。」など。
葬式の電報で忌み言葉を使うのはマナー違反なので覚えておくといいですよ。
ノンストレステスト
腸内洗浄・名古屋
葬式の電報

アッパレ裁判官

ブログネタ
気になったニュース に参加中!
裁判官がアツい言葉で被告に怒鳴ったらしい。

初公判で感情をあらわにしたのは、1997年任官の杉村鎮右(しずお)裁判官。
中学生だった娘に売春を強要したとして児童福祉法と売春防止法違反の罪で逮捕・起訴された母(36)の初公判が2008年12月4日、和歌山家裁で開かれた。
検察側の冒頭陳述によると、母親は夫(47)と共謀し、当時中学3年生の娘(15)に対して「私も、昔親に売春させられた。あんたに(売春を)やらせても何とも思わない」などとして繰り返し売春を強要。
娘が売春の対価として受け取った現金は夫の銀行口座に振り込ませ、パチンコ代や生活費などに使われたという。

親が子供に対してやる犯罪は、すべてにおいて許されるべきことではない。
親の暴力、無力な子供はそれでも親を頼るしかない。
それに対する仕打ちは、あまりに卑怯で無責任だ。
裁判官に一票入れたい
FX情報商材レビュー
ハイブリッドの助成金
腸内洗浄・名古屋