ニウスな毎日

毎日流れるニュースを元に、背景を読み解いたり感想を述べたりします!

にきび

アトピーの治療・色素沈着・入院

アトピーの治療で効果的な治療法は?
普段使う化粧品や石鹸はどういうのを使えば良いの?
気になる点を調べてみました。

アトピーの治療法としてよく実践されているのが食事療法ですね。
これは食べ物の量を減らしたり制限したりして、体内にアレルギー反応を起こす物質を取り込まないようにする治療法です。
断食療法と言うのも食事療法の一種ですね。
温泉療法や漢方にサプリメントというのもよく聞きますが、根治に効果があるかと言うと、医学的根拠も無いので証明するのは難しいそうです。
そんなアトピー治療ですが、今効果があると見直されているのが体質改善療法です。
要は体の中(組織そのもの)を健康にするという事ですね。

それ以外にアトピー患者(赤ちゃんから大人まで)が日常生活で心がけるのは皮膚の清潔さを保つ事です。
お父さんの悩み事
アトピーの色素沈着
アトピーで入院
にきびの位置
便秘はプルーンで

フランスの食べ物って何?

ブログネタ
海外旅行準備 に参加中!
フランスの食べ物と言えば伝統的な「フランス料理」をイメージすると思いますが、そんな物を毎日食べているワケがありませんね(笑)
※まぁインド人はカレー、韓国人は毎日キムチ食べてるらしいですが(;´▽`A``


フランスの観光旅行に行ったら、まず行くのは三ツ星レストランですか?
それでは気疲れしますし、お金がいくらあっても足りません。
そこで庶民が普段食べている代表的な食べ物・郷土料理を中心に紹介していきたいと思います。

まず主食はパンです。そしてチーズ。
それから牛肉や野菜、魚も食べます。そしてそれらに合わせたワインを忘れてはいけませんね。
まず一般的な朝食はパンとコーヒーです。
日本でも珍しくない光景だと思います。
しかし自宅で食べる人は少なく、出勤してから職場のそばのカフェで摂ることが多いようです。
昼はバゲットのサンドウィッチなどの軽食や、地方料理や各国料理のテイクアウト、マクドナルドやケンタッキーも食べるようです。
で、夜はもっとヴォリュームのある肉や魚料理(生ではあまり食べないようです)、煮込み料理が中心です。

フランスの食べ物
お父さんの愚痴
防犯ポスター
石垣島オプショナルツアー
にきびの位置

ついに始まる!【ブラッディマンデイ】

ブログネタ
テレビの話題 おすすめ番組 に参加中!
本日19時から、つか今からですが、
ついに始まりますね、『ブラッディマンデイ』(*゜▽゜)ノ!!!


数日前からCMでやたらと宣伝されていたので
かなり楽しみにしおりました^^
週刊マガジンも毎週読んでるので、ストーリーや世界観にどれだけ忠実、
もしくはオリジナリティがあるのかも見所です。
それにしても最近マンガからドラマ化されるのがとても多くなりましたね。


三浦春馬・佐藤健と、今とても人気・イキオイのあるタレントを起用。
他の出演者も豪華キャスト陣、初回2時間スペシャルなので見逃せませんね★
さぁ始まります〜ヽ(*^^*)ノ
ブラッディマンディの画像
にきびの位置
大江戸温泉に宿泊
屋久島のお土産
JTB出張名人

妊娠中のマッサージ・カエフィン摂取

ブログネタ
妊娠中の様々な希望・不安・悩みについて に参加中!
妊娠中のマッサージ。
加減がわからずなんだかこわい・・・なんて思っていませんか?


むくみやダイエット(体重管理)、温泉や食事と気をつけなきゃならない事は沢山ですし、便秘や下痢・頭痛・腹痛・つわり…などなど挙げだしたらキリがないほど、妊娠中には辛いことがたくさんありますよね。

温泉旅行にだって行けるなら行きたいものですね。
マッサージの効果は、体の血行が体内の循環を改善し、新しい血液が栄養を運ぶため細胞が活性化されると言われています。
そのため自然治癒力が高まり、健康な体を維持することができます。
基本的にいつでも行って大丈夫なようですが、安定期に入るまでは産婦人科に相談してから行ったほうが安心できますね。

腰痛には、早流産な場合があるので、まずは産婦人科医にご相談することをおすすめします。
お腹が張ってきたり気分が優れなくなったらすぐやめる、出血があったらすぐ産婦人科に連絡するなどし、くれぐれも無理のない範囲で行いましょう。
妊娠中のマッサージ
妊娠中のコーヒー
自閉症の原因
手足のむくみ
新生児のにきび

新生児のにきび

ブログネタ
健康と医療 に参加中!
新生児のにきび(ニキビ)をヒドくさせない為に、自己判断で市販の薬を使うのは避けたほうが良さそうです。


赤ちゃんによってにきびの出来る場所やひどさなど個人差があると思いますが、病気ではありません。
治療やケア・スキンケアの方法をきちんと把握し、新生児の皮膚を常に清潔にしておくことがにきびを治す近道と言えそうです。

主にあごやおでこ・目の下などに白にきびや赤いにきび(発疹・吹き出物)が生後2、3ヶ月間出来やすいそうです。
顔の肌以外にも、新生児は皮脂の量が多く頭皮にもにきびが出来る場合もあるので注意が必要です。

また脂漏性湿疹やアトピー性皮膚炎といった、にきびと区別しにくい症状になってしまう場合もあるそうです。
これらはにきびが悪化してしまった可能性があるそうなので、少しでもおかしいと感じたらすぐに皮膚科に行きましょう。
男性の腸内洗浄
福岡市で腸内洗浄
新生児のにきび
こめかみのにきび
アトピーで色素沈着