ニウスな毎日

毎日流れるニュースを元に、背景を読み解いたり感想を述べたりします!

つぶやき21

妊娠中のマッサージ・カエフィン摂取

ブログネタ
妊娠中の様々な希望・不安・悩みについて に参加中!
妊娠中のマッサージ。
加減がわからずなんだかこわい・・・なんて思っていませんか?


むくみやダイエット(体重管理)、温泉や食事と気をつけなきゃならない事は沢山ですし、便秘や下痢・頭痛・腹痛・つわり…などなど挙げだしたらキリがないほど、妊娠中には辛いことがたくさんありますよね。

温泉旅行にだって行けるなら行きたいものですね。
マッサージの効果は、体の血行が体内の循環を改善し、新しい血液が栄養を運ぶため細胞が活性化されると言われています。
そのため自然治癒力が高まり、健康な体を維持することができます。
基本的にいつでも行って大丈夫なようですが、安定期に入るまでは産婦人科に相談してから行ったほうが安心できますね。

腰痛には、早流産な場合があるので、まずは産婦人科医にご相談することをおすすめします。
お腹が張ってきたり気分が優れなくなったらすぐやめる、出血があったらすぐ産婦人科に連絡するなどし、くれぐれも無理のない範囲で行いましょう。
妊娠中のマッサージ
妊娠中のコーヒー
自閉症の原因
手足のむくみ
新生児のにきび

JTBだ!フランスだ!

ブログネタ
NO TRAVEL, NO LIFE に参加中!
エアーフランス(フランス語読みでエールフランス)と言えば、かつてのフランス国営企業で、世界初の超音速旅客機であるコンコルドを運航したことでも知られてますね。

ヨーロッパでは1位、世界では4位の規模を誇ります。
フランスのいわゆる「フラッグ・キャリア」(その国を代表する船会社や航空会社のこと)です。
ヨーロッパの由緒ある伝統ある航空会社で、アメリカ系のざっくばらんな雰囲気とは一線を画します。
日系の航空機に乗りなれてる方だと、ちょっと冷たいと感じる方も多いようです。
国や文化によって「サービス」に対する考え方が違うので仕方ありませんが、フランス人は時間には正確ですし、過剰になれなれしいよりは私は好きですね。

JTB出張名人
JTBバスツアー
HISシンガポール旅行
エアーフランス
フランスの食べ物

沖縄は屋久島へ

ブログネタ
沖縄リゾートから国内旅行までどちらもおまかせ に参加中!
「屋久島でウミガメの産卵を見たい!」


そう思ったアナタ、このページへようこそ^^

屋久島へ行ってみたいけれど、アクセスが大変そうだったり宿泊施設や屋久島に到着してからの交通手段等、いろいろ心配な面があると思います。
でも意外と飛行機やフェリーが利用しやすいですし、宿泊施設も民宿やホテルが充実してるので安心ですね。
現地では観光タクシーやレンタカーを利用すれば快適に島内をまわれます☆

さて、ウミガメですが、なんと屋久島はアカウミガメの産卵が北半球一だそうです。
産卵のシーズンは5月中旬〜7月末頃、孵化のシーズンは7月下旬〜9月末頃までがピークです。
砂浜に掘った穴の中にピンポン玉状の卵を120個から150個ほど産み落とします。

屋久島のウミガメ
屋久島まんてん
屋久島のお土産
韓国へ一人旅
那須の日帰り温泉

在宅IVHとは。

ブログネタ
健康と医療 に参加中!
在宅IVHとは、自宅で高カロリー輸液を受ける事を言い、在宅中心静脈栄養療法の略語です(補足:本来IVHとは医療機関で行う「中心静脈栄養療法」の事をさし、自宅で行う「在宅中心静脈栄養療法」はHPNと呼ぶ事が正しいようですが、一般的に在宅IVHという言葉の方が浸透しているようです)。

在宅IVHの目的は栄養補給にあり、点滴の目的(水分と電解質補給)とは違う為、手技や管理等、何点か違う点があります。
まず、差込の部位と深さです。通常の点滴は腕や手首から細い静脈に管を差し込みますが、IVHでは主に右側の鎖骨から刺し、カテーテルによって心臓へ直接栄養を注入します。
これは何故かと言うと、IVHの栄養剤は非常に濃度が高いので、細い静脈だと血管が炎症を起こしてしまう可能性があるため、その濃度を薄める為に大量の血液が必要となるからだそうです(だから血液を送り出す場所→つまり心臓部分に直接投入するわけなのですね)。

在宅IVHについて
ドラクエの楽譜
ユニクロの靴
自閉症の特徴
妊娠中のカフェイン

フランス観光地♪

ブログネタ
海外旅行あれこれ に参加中!
フランス観光地といえば、まず真っ先に浮かぶのは花の都パリ、エッフェル塔や凱旋門、それからルーブル美術館でしょうか?

観光でフランス旅行に来たのなら、初心者がまず押さえたいのは名所ですよね。
パリに来たらやはりエッフェル塔、凱旋門、ノートルダム大聖堂、ルーブル美術館あたりは最低でも訪れておきたいものです。
エッフェル塔は夜になるとライトアップされてキラキラと美しく、昼とは違った幻想的な顔を見せてくれます。

ルーブル美術館はとにかく広い!最低4時間とは言われますが、できれば1日は欲しいところです。
曜日によって夜間営業もしてますが、近くのオルセー美術館も回りたければ、見たいものをある程度決めてから行くようにしないといくら時間があっても足りません。

その他の見所はコチラ↓
フランスの観光地
新阪急ホテルのバイキング
屋久島でシュノーケリング
レオパレス盛岡
お父さんの愚痴