ブログネタ
気になるニュース7 に参加中!
WBC世界フライ級タイトルマッチが23日、東京・両国国技館で行われ、王者・内藤大助(34=宮田)が挑戦者の山口真吾(29=渡嘉敷)に11回TKO勝ちし、4度目の防衛に成功した。


すげぇ試合でした^^

でもやっぱし内藤の方が一枚上ですね。
試合巧者。経験あるな〜と思った。

左右のフックを軸に試合を優勢に進め、ダウンを奪ってからの連打でレフェリーストップを呼び込んだ。
34歳3カ月の内藤は自身の持つ世界王座の日本人最年長防衛記録を更新。
次戦は同級1位ポノムルンレック(タイ)との指名試合が濃厚だが、宮田ジムの宮田博行会長は同級3位の亀田興毅(22=亀田)との対戦にも含みを持たせた。


ホント亀田のボケを倒して欲しい(;´▽`A``

格の違いを見せ付けてやれ!
自閉症の原因
屋久島まんてん
ドラゴンクエストの楽譜
鳥羽フェリー
FX情報商材レビュー