ブログネタ
気になったニュース に参加中!
裁判官がアツい言葉で被告に怒鳴ったらしい。

初公判で感情をあらわにしたのは、1997年任官の杉村鎮右(しずお)裁判官。
中学生だった娘に売春を強要したとして児童福祉法と売春防止法違反の罪で逮捕・起訴された母(36)の初公判が2008年12月4日、和歌山家裁で開かれた。
検察側の冒頭陳述によると、母親は夫(47)と共謀し、当時中学3年生の娘(15)に対して「私も、昔親に売春させられた。あんたに(売春を)やらせても何とも思わない」などとして繰り返し売春を強要。
娘が売春の対価として受け取った現金は夫の銀行口座に振り込ませ、パチンコ代や生活費などに使われたという。

親が子供に対してやる犯罪は、すべてにおいて許されるべきことではない。
親の暴力、無力な子供はそれでも親を頼るしかない。
それに対する仕打ちは、あまりに卑怯で無責任だ。
裁判官に一票入れたい
FX情報商材レビュー
ハイブリッドの助成金
腸内洗浄・名古屋