ブログネタ
ちょっと注目NEWS に参加中!
大阪府の橋下徹知事は28日開かれた府北部7市長との懇談の場で、道路や河川整備で府に課せられる国直轄事業負担金などの制度をやり玉に挙げ、「暴力団以上のえげつない組織。(地方は負担金を)上納させられて、がんじがらめに縛られている」などと過激な表現で国への批判を繰り広げた。

また橋下知事は同日、懇談に先立って大阪市内で開かれた内閣府と府主催の子育て支援を推進するフォーラムで「根本的に役人天国を改めないとワーク・ライフ・バランス(仕事と生活の調和)は言葉だけになる」と国批判の姿勢をみせた。


⇒これのドコが過激?
こんなの当たり前だし、至極もっとも。
これを『過激』と揶揄するマスコミが過敏すぎ。

国がやってることは国益ではなく一部の人間の個益を守ること。
こんなことやってたんじゃ海外から干渉されて国力は弱まるばかり(ーー;)

フォーラムで橋下知事はパネリストとして「産めよ増やせよという時代ではない。住民に近い市町村に権限と金を委ねるべきで、国に少子化対策なんてできない」と持論を展開。さらに「天下りなど役人天国をチェックできる仕組みになっていない」と国の官僚組織のあり方も批判した。

⇒これが普通。
役人天国をチェックする仕組みを作るのもまた役人。
そいつらに牛耳られてるようじゃ日本の政治家も腰抜けですよ。
乳幼児の便秘
結婚式のエンドロール
カネボウの漢方薬
腸内洗浄・横浜