ブログネタ
.気になったニュース7 に参加中!
消臭剤などの家庭用日用品やOTC(家庭用)医薬品を手がける小林製薬(4967・東1)の株価が底堅さを見せている。
10月28日につけた年初来安値となる2800円を底に、株価は回復基調にある。全体相場が大幅に調整するなか、11月25日の終値3730円は半年前とほぼ同水準の値を保っている。

好調な株価の要因として2つ挙げられる。
「ヒット商品の層の厚さ」と「在庫管理能力の高さ」だ。
11月10日に発表した09年3月期中間(08年4〜9月)決算では、たな卸資産の会計処理の変更により見かけ上は大幅減益だが、従来基準の実質ベースでは前年同期比14.5%の営業増益となった。

だってさぁ、どんどん魅力的な商品出しまくってるもんね、小林製薬☆
カユい所に手が届くというか、
「こんなのあったら」
ていうのを出してくれるから^^
飲んでますよ〜ナイシトール♪高いけどw
防犯ポスター
JALのマイレージカード
ANAのスカイメイト
FX商材への考え方
スーパーFXシグナル検証