ブログネタ
健康なくらし に参加中!
漢方薬の飲み方、しっかり用法を守って服用しましょう。


正しい飲み方でなければせっかくの効果を薄めてしまいかねません。
正しい用法として、1日に決められた回数と量をお水か白湯で飲みましょう。
また空腹時の方が吸収率も高いとされ、この時に飲むのが一般的なようです。
胃腸の弱い方や補剤を飲む場合にはぬるま湯などに煎じて飲むと負担が少なく吸収もよいとのことです。
今やツムラやカネボウ(現クラシエ)の漢方薬は有名ですね。
その種類、効果・効能は幅広いらしく、にきびや吹き出物、肩こりなどの軽いものから生理痛・腰痛・便秘など女性特有のもの、更年期障害・自律神経失調症などの加齢とともに患う病気まで、多くの障害から体を守り、治療に一「薬」買っているようです。

癌に対する免疫力の向上を手助けする効果が期待できると聞いたことがありますし、果てはダイエット効果のある漢方薬もあるそうです。
私たちが知らないだけで、聞いたことのあるほとんどの病気・障害に効く漢方があるのかもしれませんね。
ですがいくら漢方薬とはいえ、薬です。
こういったものを服用するときは必ず専門店(漢方薬局など)のお店の人、病院の先生、薬剤師の方などにしっかり症状を伝え、効果・用法をしっかりと覚えて服用しましょう。
せっかくの効き目の期待できる薬でも、症状や体質に合わないものであればなんの役にも立たないでしょうし、なにより副作用などが出る可能性がナイとは言えません。
しっかりと病気や障害を予防・治療するため、漢方薬の飲み方には注意しましょう。
看護学校の夜間
自閉症の特徴
漢方薬の飲み方
カネボウの漢方薬
在宅IVH