ブログネタ
明るい子育て に参加中!
チャイルドシートは2000年4月より道路交通法で着用が義務付けられました。
しかし、基準や選び方など戸惑ってしまいますよね。
大切な赤ちゃんを守る為にも慎重に選びたいと思うのですが、安全性や丈夫かどうかなどは自分で試してみることはできません。

なのでメーカーの信頼性も選ぶときに色々と比較したほうがよいと思います。
takataは日本で初めてチャイルドシートを作った会社です。
リサイクルも行っています。
目標は、「基準を超えた安全性」で、日本と欧州の安全基準をクリアしています。
「takata04-neo」ではチャイルドシートアセスメント(国土交通省と自動車事故対策機構が実施している安全性能試験のこと)で乳児モード(後ろ向き)と幼児モード(前向き)の両方の衝突試験で史上初の最高評価の「優」を獲得しました。取り付け時に、女性一人でもしっかり固定できる「ママ楽ハンドル(幼児モードのみ)」もtakataの一押し機能です。
きちんと取り付けられないとぐらぐらして逆に危険になってしまいます。
また、安全性の他にチャイルドシートを選ぶ際の注意点は、取り付け方法や対象年齢の確認、自分が乗っている車に対応されているかなども大切です。
また口コミで多いのが、回転式の方が使いやすく便利ということです。
特に女性は回転式の方が、赤ちゃんの乗せ降ろしがしやすいそうです。
takata チャイルドシート
ユニクロの靴
ユニクロでバイト
ガチャピン電報
ファミリーマートのクレジットカ−ド