ブログネタ
健康と医療 に参加中!
新生児のにきび(ニキビ)をヒドくさせない為に、自己判断で市販の薬を使うのは避けたほうが良さそうです。

赤ちゃんによってにきびの出来る場所やひどさなど個人差があると思いますが、病気ではありません。
治療やケア・スキンケアの方法をきちんと把握し、新生児の皮膚を常に清潔にしておくことがにきびを治す近道と言えそうです。
主にあごやおでこ・目の下などに白にきびや赤いにきび(発疹・吹き出物)が生後2、3ヶ月間出来やすいそうです。
顔の肌以外にも、新生児は皮脂の量が多く頭皮にもにきびが出来る場合もあるので注意が必要です。

また脂漏性湿疹やアトピー性皮膚炎といった、にきびと区別しにくい症状になってしまう場合もあるそうです。
これらはにきびが悪化してしまった可能性があるそうなので、少しでもおかしいと感じたらすぐに皮膚科に行きましょう。
オール電化の普及率
幼児の便秘
新生児の便秘
新生児のにきび