ブログネタ
冠婚葬祭などの礼儀基礎知識 に参加中!

冠婚葬祭の常識やマナーですが、意外と知らないことが多いですよね?


その時になってあわててしまうことが少なくないはずです。
特に弔事は突然やってきます。
結婚などお祝い事は礼服で良いですが喪服を着ていくとあらかじめ予期していたとして失礼になる場合もあります。
急な時はスーツなどの平装でよいでしょう。
女性の場合は控えめで地味な服装を心がけ、真珠などを身に着けます。
お盆の帰省などは最低でもお供えものを持っていくといいでしょう。
他には表書きやのしの書き方や挨拶のしかたなどわからない事が沢山あって覚えきれませんよね。
招待状が来て出席できない時は手紙で知らせるのが一般的です。
逆に主催側になると引き出物や内祝い、招待状や返信ハガキの書き方などで悩みますよね。
ご祝儀や不祝儀のもらい方にも作法があるようです。
最近は知らない人が多い中、これらの冠婚葬祭のマナーを正しく覚えていれば恥をかく事はないですね。
冠婚葬祭の金額
看護学校の夜間
理学療法士の夜間
腸内洗浄は福岡市で
大江戸温泉で宿泊