ブログネタ
資格取得で能力UP! に参加中!
理学療法士の夜間制の学校について調べました。


また、大学や短大・専門学校の特徴もまとめてみたので、学校選択に役立てて下さい。
まず夜間学部の場合ですが、昼間に柔道整復士や鍼灸師、リハビリの助手と言った仕事をしている人が多く在籍しています。
夜間学部の利点は昼間の時間と夜を有効利用出来ること、学費が昼間部と比べて若干安いと言うことでしょうか。
学費について補足すると、平均昼間部は初年度に200万円ほど、夜間は平均180万位かかります。
勿論各学校で差はありますので、あくまでも参考程度にして下さい。

そんな夜学部ですが、デメリットもあります。
理学療法士の昼間の専門学校や短大は3年に比べ、夜間は4年間となっています(ちなみに大学は昼も夜も4年間です)。
また理学療法士には病院実習があり、その期間は3年時に平均1ヶ月、4年次に平均4ヶ月と長い時間束縛されます。
従って昼間に働いている人は仕事を休まなくてはいけないので、周りの理解と協力が必要です。
看護学校の夜間
理学療法士の夜間
車検の金額
冠婚葬祭の金額
電報の文面とは