ブログネタ
ひとりごと に参加中!
大分県の教員採用汚職事件に絡み、08年度試験で県議らから受験者数人の合否通知を依頼された小矢文則教育長が、部下の富松哲博・教育審議監=入院中=に依頼内容を伝えていたことが分かった。

グッチャグチャですねぇ(‥;)
大体にして「教育」ってのは日本の未来を担う子どもたちを指導する教員の採用から始まるんだから。
それがまず不正って時点で死んでる(ーー;)


小矢教育長は「あくまでも事前通知の依頼で、合格依頼はしていない」としているが、富松審議監は関係者に「合格依頼を受けた」と話しているという。いずれにしても不正行為に関与しており、教育長の進退問題に発展するのは必至だ。


まぁでもコレは氷山の一角でしょ?
全国でも往々にして行われてたんじゃないかな。
今頃アセって証拠隠しやクチ止め強化してるんかね。
脳梗塞の専門病院
脳梗塞のリハビリ
種子島フェリー
高齢者雇用の助成金
新築祝いの金額って?